stu bank info

RIKUZEN-TAKATA PHOTO GALLERY

NEW

SUPPORT LINK

STUxAKOARTxNFK

STU x TOKYOINK

2011年5月2日月曜日

4.30ファントム部隊イン陸前高田


4.30ファントム部隊イン陸前高田                

MOTOYAN mixiより   2011年05月01日18:47





今回のNFK部隊もとやん班メンバーは

1.おれごとき
2.寅之助(長男)
3.なぼた

4.ダイスケ
5.リサイチ(ダイスケ嫁)

6.静岡の五英睦仲間、MAKOとそのトモダチ


今回のミッション

1.コドモによる支援
2.陸前高田にある小学校の避難所での活動
3.いつも伺うご家庭と老人ホームへ定例訪問
 

今回の物資の中でいままで初となる千羽鶴。
京都のある方の中二になる娘さんがひとりで折られたという千羽鶴をお預かりしました


歌津つつじ苑で前回頼まれたキャップをお届けするためになぼたが仕入れたキャップ70個。


前回の日記でも書いたように、今回はうちらの息子、寅之助も連れていくことに。

「ボクもなにか買わないとクルマに載せてもらえない!」といいながらお小遣いを握り締め
近所のおもちゃ屋さんでカードを買ってきてたw。

 

クルマに積み込む小学4年生9歳。こいつはもう立派な隊員や!



ダイスケとも合流!
今回はちゃんと物資買ってきてたw。エライw。つーかあたりまえかw。

ヨメも連れてきてた。ほうほう。
ゆーごも。途中仙台の実家によって預けていくらしい。




まず目指すのは気仙沼にあるたくやくんちの実家の石切工場。




一関で降りて、そのままダッシュでメザスぜ!
うしろにいた2台の仲間のことは忘れた!w


ダッシュで朝6時に着くと、もうガヤガヤと大人数のファントム部隊のみなさんで
仕分けそして搬入してやした。
で、そこでみっけたコアクルーシモン。ち~すw。

岸さん、おはようございます!おつかれさまでごぜえやす!
やべえ。こないだあげた3Mのマスクが黒く塗られてるw。

「こっちのほうが極悪やw。」

たしかにwww。



チェリーさんやヒカルくんもはるばる遠征おつです。


五英睦の先輩、1629先生。五英部隊は支援部隊の支援の炊き出し担当。
これだけの人数の腹を賄うのは大変だと思いますが、がんがってくだせえ!

そして首謀者成田先輩と五英睦川越支部の大先輩、石黒さんことのりさん。
おはようございます!きょうはどうぞよろしくお願いします。


荷物もパンパンに積み込み、


メシも食いましてから、

出発。




最初の目的地は陸前高田。
今回おれらの班は初めての陸前高田。どんなとこだろう。

「気仙沼よりも酷い」というのは成田さんから聞いていたんだけど。

ファントム部隊が連なる。

寅之助は山道だと酔っちゃうので助手席に乗せて、

これ以上隊列を延ばしたくないファントム部隊なので、ダイスケのクルマは気仙沼に置いてきたので
夫婦でうちらのクルマに乗り込んでいっしょに行くことに。



一同絶句。

今回のこの部隊は初めて被災地に足を踏み入れた先輩が多かった。
おれも話では聞いていたんだけど、陸前高田のこの状況を目の当たりにしたときは
なにも言葉にならなかった。ただ夢中でシャッターを切っていたので
くわしい状況はブログを見てください。
http://nfkffnfk.blogspot.com/search/label/RIKUZEN-TAKADA



ここに来てこの光景を目にしたおれの先輩たちはなにを思ったんだろう。

まず活動を始めるとする前に、この景色を見てから動くと、なにか違うんだと思う。
それはここに連れてきてくれた成田さんやおさむさんもそう思ってるような気がする。



では、行きますか。避難所へ。

バンバン荷物を降ろしてるファントム部隊。

きょうの物資の量もハンパじゃない。いつもやることがでかい成田さん率いるファントム部隊でございます。

建設中の仮設住宅の脇にはサクラの木がキレイに咲いてやした。ナゴム。




ノスケはというと、もう自分で勝手にいろんなヒトに飴ちゃん配っておりました。
エライぞエライぞ。

ダイスケとおれの被災地カメラ。
おれは今回ボディアーマーと望遠ズームをぶっこんできた。


おばちゃんと話してたら、どうやらいま懐中電灯がほしくてたまらないらしい。
っていうのも、ここらへん一帯はまだ電気が来ておらず、夜道を歩くとき真っ暗でこわくてしょうがない、らしい。
で、おれ、懐中電灯持ってなかったっけな、、、もしかしたらおれのクルマにランタンがあるかもしれねえから待ってて、
つってクルマの中探したらランタン一個みっけて、それあげたら喜んでくれた。



寅之助は自分で買ってきた遊戯王カードをキッズたちに配ってた。

「ありがとう。」って声が聞こえる。たくさん。

みんな、よかったね!
やっぱコドモのモノはコドモにやらせるだな。

ダイスケのヨメが一生懸命働いておった。
やりよる。
おれたちみたいな輩ばかりの中に女のヒトがいるとやっぱいいですな。
服のサイズとかかなり詳しく把握してたみたいで、おばちゃんに頼りにされてましたな。


そして寅之助はというと、さっきカードを渡した男の子と仲良くなって、いっしょに避難所の中にある
子供部屋に遊びにいきました。おしおし。しばらく遊んでおきな。おとうちゃんは写真撮らなきゃあかんねん。

今回お世話になったおさむさん。ハッシュボールナンバー2。
ガイド役おつかれさまっす!



そんなおさむさんと実の兄とのツーショット!
お手伝いご苦労様です!


そんなおさむさんに握手を求めてきた避難所の方。
「本当にありがとうございます。」と何度も繰り返しながら
目には涙を浮かべておられた。


おれもこの一ヶ月ちょっとで何箇所かの場所に行って、いろんな被災者の方とお会いしましたが、
この避難所の方々が一番困ってる、と思いました。

ここの避難所を仕切っている方とお話さしてもらったんですが、

「物資は十分にあるんです!市のほうに!でも、仕分けがバカすぎて、それを配ることができないんです!
モノはあるんです!だけど、届かないんです!」

モノはあるのに手に入らない。配れるのに配らない。それが行政のやり方。

一番最初に気仙沼入りしたときにたくやくんに「政府じゃない、民間のヒトが助けに来てくれたことに
気仙沼の人たちは本当に喜んでると思います。」
っていう意味がわかった気がする。

世間でいうところの不良の連中っていうのはバカばっかでなにも考えない。
考えたら即行動、というのが共通していえることなのかもしれませんが、
今回のファントムゲートのこの物資提供のやり方を見ると、これは頭でっかちのやつではできないであろうスタイルだと
思いました。

必要なモノを必要としてるヒトが持っていけばそれでいい。
余ったモノはいらないんだろう。それはまたどこか必要としてるヒトのところへ持っていけばいい。
物資は山ほどあるから数の制限なんてしねえ。スキなだけ持ってってください。

それが今回のやり方。

そんなおれたちのリーダーは自ら物資をおばちゃんたちに手渡しておられました。

つーか、岸さんのヤブ蚊パンツ、だいぶ味わいぶかくなってきましたな!
単車乗ったり、救援活動されてるうちにこんなんになったんですな。カッケー。

なんかおれのことを超ドシヴなキャメラで盗撮されておったこの方。
お互いカメラヲタなこともありまして、意気投合してカメラ談義に花を咲かしておりました。
今回の救援部隊が初参加だということもあって、涙浮かべながら胸いっぱいになってる話を伺いました。
がしかし!この方のお名前を聞くのを忘れたw。いつもそうw。どなたかこのヒトのこと知ってるヒトがいたら教えてください。

っていうのも、このヒトのこのカメラに、三脚ぶっさす穴っぽこにグリップが付いてて、おれがバカみたいに
「おー!おー!なんこれ!まぢカッケー!」を連発してたら、

「このグリップ、差し上げます。このグリップはあなたのカメラにつけられていろんなとこ巡っていかれたほうが
いいんだとおれは思いますはい。」

といって、グリップをいただいたのでした。おれ、もう、なんか、すげえうれしくて、ソッコーおれのGXRにぶっこむと
周りにいた人たちにワーワーいいながら自慢しまくってましたw。ぶりぶりだったっつうのもあるんですけどw。

「岸さん!グリップもろたっすわてくし!見てくだせえ触ってくだせえ~!」

「これはもちやすいな!丸いから力も入るしいろんな角度で持てる。ふむふむ。」

そんなカンジでガヤガヤしておると、このヒトから
「いっしょに写真撮ってくだせえ!」とカレのカメラでカレが手を伸ばし、
ふたりで写真を撮りました。

そんなおれたちを「ガチホモだw。ガチホモだw。」とディスりまくってた
人妻ハードレズカップル。

ダイスケのヨメ、というか、おれのトモダチの彼女とかヨメとかいうのは
絶対におれのこと、「旦那の悪友」「悪い友達」「悪いことに巻き込む」とかそーゆーイメージを
持ってるっぽいのでおれはどの家庭からも敬遠されがちなのかもしれんという被害妄想を
常にヒトのヨメに持っているのですが、どうやらダイスケのヨメはおれのことを
そーゆーふうに感じておらんのかもしれんという安心感が芽生えたw。
たぶんおれは旦那の良い友達、だと思われていると思うw。

ダイスケにおれのGXRを貸してあげると

岸さんの働いてる姿を撮ってきてた。ナイスw。
岸さんおつかれっす!押忍!



自転車が流されちゃったコが新しいお自転車をゲットしてた!
よかったね~~~!!!
まわりのみんなも祝福してたwww。すげえ喜んでた!

「ボクのじちんしゃ、とてもにんきだよおとうせん!」


あまりにもうれしそうだったんで、おれもうれしいから家族写真撮ってあげるよ!
この笑顔がおれたち支援者の元気の源なんだよ。



今回はファントム部隊初の炊き出し。メニューはラーメン屋台!
これにはみんな喜んでたな~~~!!!

食後はクレイジーケンバンドの横山剣さんオンステージ!
いや~また~りしましたw。ほんとw。すげえよかったっす。。。楽しかった。。。





おわったあとはみんなにサインして差し上げてました。

それを見てる部隊のメンバーもにこやかです。

この日の活動は、みんなが笑顔だったなあ~。いい救援活動@陸前高田でした。




しばらく姿を見せてない寅之助におれはカメラを持たせておったんで、
撮ってきたのを見ると、こんなカンジで遊んでたんだなw。

そろそろ行くぞトラや。

成田さん、おつかれさまっす。
おれらの班は他に行かねばならんご家庭がありんすのでここでおいとまさしていただきやす。
ファントム部隊のみなはんも気をつけて!

ではいきやすか。

来た道を気仙沼にバック。

K原さん宅到着。いつもいきなしお邪魔するNFKw。


本日のお届けのひとつ、FLAKEから物資提供したいただいた子供服の山!
もちろん新品。


笠松さん、ありがとうございました!!!
K原さん奥さんにこれから配っていただきます!




先日おれと寅之助でチャリに乗ってドンキ行って買ってきたお菓子の物資は
ここで降ろす。
チョコパンスティック、すげえ喜んでたwww。ナイスチョイスだったな寅之助やwww。

もっとお菓子をあげようとすると、
「もういいです!もういいです!たくさんもらったからもういいです!」

遠慮するなよw。持ってきなw。ビスコやまほど買ってきたからおれと寅之助でw。


こどもたちは軒先でワーワー遊んでおる。いいなw。子供連れてきて正解やw。

おれ個人的に集めてきた物資である掃除道具。マジックリンたくさん、デッキブラシたくさん、バケツたくさん。

「こないだむこうの地区で水がやっと出て、これからみなさん掃除始めるんです!」とK原さん奥さん。

へいw、知ってやすw。だから持ってきましたw。

これもご近所に配ってくださるそうで。よろしくお願いします。

つーかK原さん奥さん、ボランティア活動をはじめられたそうです。
なんか、うれしいw。これからも物資お届けにあがりますね。
ご近所のみなさんに物資配ってくださいお願いします。


離乳食などの箱詰め、これは五英睦の功刀先輩からの物資提供でございます。
K原さん宅に置かせていただきました。物資提供ありがとうございました!


よし、でわ、いきますか!その前に集合写真撮りやすか!
この日は赤ちゃんはお昼寝しておったので、寝てる姿だけは見れたけど触れ合うことができずにザンネンw。

「こんど竹やぶ探検に連れてってもらうんだ~!w」と寅之助。よかったじゃんw。またこなきゃじゃんw。


K原さん、お邪魔しました!また来ます。



では、つぎいきやすか。

つぎ訪問さしていただいたご家庭は、いつもおれらをガイドしてくれるたくやくんのご親戚。
ここは歌津の小泉地区にあって、小泉地区は津波で壊滅した地区で、
ここはほんと孤立してるご家庭なのと、小さいお子さんつーか赤ちゃんがおるので
必ずここには寄ります。今回たくやくんとは別行動だったんだけど、そんなの関係ねえ。
住所はあらかじめ聞いておったのと、あとはうろおぼえで家の入り口は覚えておったので
到着。ここはダイスケが買出ししてくれた食料を少ないけど置いていくことに。

あ、おかあさん、こんにちわw。赤ちゃんも元気そうでなによりですw。
このおかあさんもK原さんちのおかあさんも美人さんなのですよなw。
つーかダレだよ仙台はブスしかいねえって言ってたやつ。

あかちゃん抱くときいつも悪い顔をするうちのなぼすけ隊長w。



すいやせん、きょうは陸前高田でビックな活動しておったので、物資があんま残らんかったです。
次回は山ほど持ってきます。


うちらからの物資の中に、なぼたが買ってきた浄水器は、K原さん宅とたくやくん従兄弟宅に
置かせていただきやした。あかちゃんいるご家庭は水が命ですからね。
つーかこっちのヒト、浄水器の存在を知らないことに衝撃を受けた。
浄水器を使う必要がない土地なんですな。さすがっす。



では、つぎいきますか。
向かった先は歌津つつじ苑。
おれらがいつもいく老人ホーム避難所です。

ここにはなぼたがお友達になったO友さんがおられたんですが、
働き先が変わっちゃって今回おられず。さみしい。

まずは帽子つーかキャップ。


そしてなぼたが千羽鶴の箱を開けると、
「きゃっ。なんこれ!すごい!立派!」
感動した!すごいわこれ。
これが中学二年生のオンナノコひとりが一生懸命折った千羽鶴。



それを、コドモ部隊の隊長である寅之助から職員さんに手渡さしてもらう。

「すごい!ありがとうございます!」

喜んでおられました!よかった!!!


千羽鶴、一時期叩かれてましたよな。腹いっぱいにならん。ゴミや。的な。

でも、コドモが、自分にできることはなにか、これならできる、って思いで一生懸命作った千羽鶴は
ゴミではないことが明らかでした。
この老人ホームの人たちもこれを見たら元気が出るな!絶対!


こんなカンジの今回の救援活動でした。
みなさんからのサポートで我々活動できております。
これからも細く長い支援をよろしくお願いします!







.........................................................................................

卍NFK東北震災基金FUND卍 
三菱東京UFJ銀行 尾山台支店 普通 3899325 ウスイ ヒデユキ
paypal: maguro999@hotmail.com
募金箱設置協力店REZAR
http://blog.rezar.shop-pro.jp/
920-0022 石川県金沢市北安江3-13-16 土本ビル
TEL/FAX:076-224-1472