stu bank info

RIKUZEN-TAKATA PHOTO GALLERY

NEW

SUPPORT LINK

STUxAKOARTxNFK

STU x TOKYOINK

2011年6月29日水曜日

26日長洞地区に行ってきました & SxTxU 画像BBS 狼煙板のお知らせ

SxTxU BLOG管理部 AKOでございます。

今回現地での活動は初参加となります。
色々自分の都合で動けず、ずいぶん時間がかかりました。

皆さんの活動をMAPにピン打ちして、なんとなく
土地のイメージはわかっていたつもりでした。

一関インターを降りて陸前高田方面に向かいます。
丁度ナビで言うと、湾になっている海から、この距離感で....


津波に襲われた土地が広がります。


ナビの画像を見てわかるように、津波が川を伝い
これほど離れた場所にまで、もの凄い勢いで来た事がわかります。

まさか......って距離ですよ。



そして陸前高田の海の近くは
写真やテレビで見て想像していた被害範囲が一瞬で消されます。



気が遠くなるような津波の破壊力

友達がメールで

「私も落ち着いてから色々なところに行ったけれど、

子供との思い出の場所が 壊れてしまってどこも残ってないの」

と言っていた事を思いだした。



今回の活動は長洞地区での泥すくい
こちらの地区は一部仮設住宅を建てているくらいで
高台で流されなかった家の中で何件かが
奇跡的に水が出るレベルの場所です。

道の横にある溝はすべて土やヘドロで埋まり
田んぼの水田も津波が運んだ石や瓦礫で埋まり
このままでは行き場をなくした排水が環境を悪くして
菌や虫の異常発生は起こすのだと思いました。

作業はMOTOYANの日記で見てください。

実際現地での状況を見て、
MOTOYANがいかに、支援者の皆さんに
被災地の状況、隊員の活動を伝えようとしているか
写真の深みが一段と増しているのが良く解りました。

素晴しいヒューマン メッセンジャーです。
いつも活動報告ご苦労様です。

しかも写真撮ってない時は
こんな感じで動いてます ↓



午前中は道の脇の泥すくい
60人くらいいたんでしょうかね。

もの凄いパワーです。
成田組と岸組みに別れ作業しました。

強烈なニオイのヘドロを率先して片付ける先輩方
「若者よぉ!働け!働け!ガハハ」と叫ぶ岸さんは

海賊の親方そのものでした。


泥やヘドロがなくなると
水が流れ出し

そんな当たり前な事がとても感動的で
この小さな村が、また穏やかな生活を迎えるのに
どれくらい時間がかかるのだろうかと考えもしました。

どれほどかかるは誰にも解りませんが
必ず終わりは来る事は皆が解っていて
そんな前向きな気持ちがキツイ作業も
笑って行えた理由なんだと思いました。






昼飯!良い汗かいた後の飯は最高に美味い。
これ以上の「同じ釜の飯を食う」はないでしょうな。


食事の列にならんで手の消毒があったり
細かな気遣いまでスバラしいですよね。
ごちそうさまでした!美味しかったです。


午後は田んぼ周辺の瓦礫の撤去
やはり田んぼの水路を水が止まっていて
皆で石やゴミをどけて水を流しました。

田んぼの命ですからね。
これがちゃんと元に戻らん事には
塩害対策するのも、畑にするのも出来ません。

水路のゴミやヘドロを除ける時「ゴボゴボ」って音がして
水が流れやすくなる。蘇れ!って心で何度も叫ぶ。

同じ海沿いに住む俺とちゃんミエは
「さぞ、穏やかな場所だったんだろうね~」って話しました。

村のオジさんが

「君らが来てくれなかったら、三人でやろうとしてた」って話してるのが

聞こえてきて、本当来て良かったし
SxTxUの皆、頼もしいなぁって再確認しました。





 後今回自分のテーマだった事の一つで
各部隊のネットワークをもっと知りたかったんです。

たとえばPHANTOM部隊といっても
仙台支部やバンド繋がりやMC繋がり、SHOP繋がり
悪友繋がりと色々な方がいるわけで

各部隊に参加している隊員の方々は
ご家族の支えの元、活動参加しているハズなのです。


嫁はんも参加したいけど
子供の面倒、親の面倒、があったりして
旦那の活動の背中を押してくれてたり

パパと遊ぶの我慢してる子供達がいたり


被災者でありながら支援者として活動する方と
支えてくれている家族、仲間


隊員でなくSxTxU SUPPORTERで生活を切り詰めて
カンパしてくれてる皆さんがいたり


広告で少しでも安く探し
少しでも多く物資を送ってくれる皆さんがいたり


募金箱設置してくれてたり
BLOGで紹介してくれてたり


SxTxUって凄い大勢の方々で構成されているんだなと
日々感じております。


今回現場で皆様にはお願いしました
自己紹介や部隊のネットワークを
改めて教えてください話、、覚えてますよね?


はい。そんな訳で画像掲示板 SxTxU 狼煙板を作りましたので
部隊や隊員、SxTxU SUPPORTERさん 紹介してください。

基本紹介、雑談等の場所になればと思います。
BLOG横に「狼煙板」バナーがありますので
是非ご参加ください。


これだけ人数いると、BLOGで全員紹介するのも時間かかるし、
活動を支えてくれている家族にも「パパカッコイイでしょ!」って見てほしいし
SxTxUに関わってる方々の交流の場としても何か役にたてばと思います.





この時説明してくれたように、また説明書いてください。
たぶん、みなさん良い写真もあると思ってます。

画像UP&自己&チーム紹介
BLOGとかあったらアドレス
募金、物資の募集情報などなど


あっ高速PAの飯情報とか!
帰りによれる地元情報とか





そんな訳で皆さん!恥ずかしがらずに書き込んでください。


そう君もお願いしますよ。


もちろん東海チームも是非!




MOTOYANの日記を見て作業内容を確認してもらえば
この長洞地区が普段の生活すら大変で、
どれほど手が足りていないかお解かり頂けると思います。



今回AKOMIE班がお預かりした物資や
募金から買った物資は全て、こちらの地区にお預けいたしました。

泥すくいがメインだったので直接手渡しを出来ませんでしたが
必要なご家庭へ届くと確信しております。


各部隊が集めて沢山の量ですが
村の方々で別けたら、すぐなくなるんでしょうな。

それでも、もちろん喜んで頂けてるし
少しでも普段の生活に戻る力になればと思いますよね。


ウジ殺しの薬品


ハエ取り紙など虫系に力を入れました。




被災地に行って笑顔で活動できるのも活動を続ける皆さんのお陰です。


村の方々も精一杯の気持ちで向えてくれて
選択肢すら無く、前向きに生きる方々の力に
小さくても長く向き合おうと再確認しました。



言葉で表すとボランティアとか支援とか言いますが
ヘドロすくっても、ゴミどかしても
何故か自分の為にやっている気持ちがしました。

なんでしょうね。
本来 人が持っていたはずの助け合いの精神を
取り戻したんでしょうかね。



作業を終え一関インター近くで飯食って


車で撃沈!


SxTxU 皆さんお疲れ様でした。
自分なりの活動方法でこれからも頑張ります!