stu bank info

RIKUZEN-TAKATA PHOTO GALLERY

NEW

SUPPORT LINK

STUxAKOARTxNFK

STU x TOKYOINK

2011年3月27日日曜日

サポート-T販売のお知らせです!と訂正

サポート-T販売のお知らせです!と訂正

PHANTOM GATE 成田さんのBLOGより



数多くの御支援、御協力ありがとです!

とりあえず、もとやんクンから預かっている義援金¥1000000の遣い道なんですが・・・

色々とボクなりに考えた結果、サポート-Tシャツを作らせてもらうことにしました!
今とりあえず必要な物資を、お預かりしている義援金で購入し被災地へ届けたとしても
いずれ、トケちゃうでしょ・・・
更にこの先、何度も物資や義援金をミナさんに募ったとしても
いずれ先細って行くし、カツアゲとかわんないじゃないですか !?

なのでT-シャツの売り上げで、¥1000000より浮いた分で
その時に必要な物資なりを購入し、被災地の方々にお送りし
タネ銭はトカさないようにして次に繋げようかなと・・・

ボクなりに考えて、それが長く支援できるイマノトコロの最善かな?と・・・

なので、それ以外に集まってる義援金で早急に必要な物資を購入したりして
ボクが預かってる義援金はトカさない方向で宜しくお願いします。


チナミに第1弾は岸さん  と内山さん の2枚組みサポート-Tです!
昨日、お二人にはお話してノーギャラでOKをもらいました!
お二人共、即答で快諾して頂けました!
ありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とご報告いたしましたが、

サポートTシャツの製作資金はPHANTOM GATE 成田さんが用意いたしますので
勝手ながら、このまま製作は続けさせて頂きます。
まだまだ若輩者ではございますが、今後とも宜しくお願い致します。

以下BLOGより


お詫びと訂正です

サポートTシャツ製作の件で、お詫びと訂正の御報告をさせてください。

今回のサポートTシャツの記事についてコメント欄にご意見を頂きました。
直接、ご本人様に御連絡を取る方法が見当たらなかった為
この場にて謝罪することを、ご容赦ください。

まずご質問の件ですが、キチンと説明していなかった自分の落ち度から
不愉快な想いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
改めて、現在の状況をご説明させてください。

サポートTシャツの記事を載せた段階で、自分が把握してた限りでは
当方と新潟、群馬方面から運ばれた物資、燃料等の総額は一千万円を超えていたであろう相当が
仙台、塩釜、石巻、気仙沼、及びその周辺の被災地に有志達の手によって運び込まれました。

震災発生から2週間という事もあり、政府による流通も機能しはじめ
大きな避難所には当面を凌ぐだけの物資が行き届き、中には飽和状態となる避難所も出始めてきました。

もちろん、まだまだ孤立した被災者の方々も多数おられましたし
物資の到着が大幅に遅れている小さな避難所も多数存在していました。

然しながら、先に届けた物資や飽和状態の避難所からの支援により
被災地の有志達が、そういった更なる被災者の方々へ物資や燃料を
配り届ける体制が整いつつあった事と、早急に必要な物資は残りの義援金での購入と
現在、皆様から募っている支援物資により賄う事が今暫くは可能なのではないかと
あくまでも、私個人が独断で判断するに至ったのです。


このような状況下において不謹慎かもしれませんが
実際に被災地を目の当たりにして感じた率直な感想は
『10年で復興するのだろうか?』でした。

その上で現在の食料難等を残りの義援金や支援物資で
当面のあいだ凌げるのであれば、自分のお預かりしている義援金は
凌ぎきれなくなった未来へと繋げたいと思ったのです。

このような言い方をすると語弊があるかもしれませんが
物資を買うにあたり、百万円なんかアッという間に無くなってしまうんです。
早急に必要なミルクやオムツ等を買って、単発で行ってもらった際も
40~50万円分のミルクやオムツは、わずか数時間で配り終えてしまうんです。
しかもそれらは一世帯あたり1週間~2週間ぐらいしかもたないでしょう。
それぐらい切迫しているのなら、尚更だとおっしゃるかもしれませんが
このお金を使い切った時点で1週間後、2週間後にミルクやオムツを
お渡しすることも困難になると自分は考えたのです。

流通の回復に伴い、被災地域でも営業を再開するスーパー等がちらほらとでてきました。
もちろん、入手が困難な地域にはすぐにでも届けに行くようにはしていますが
現地で入手できる手段、もしくは現金がある方であれば購入して頂きたいと思っています。

自分なりに考え、少しでも長く支援を続けるために購入資金を確保できるのは
今のこのタイミングしかないと思っています。
皆様に今後、継続的に義援金や支援物資を募るのはどうかと思いますし
家や仕事を失った被災者の方々の財力も、今後ますます希薄なものとなっていくでしょう・・・
今現在、決して足りてはいないでしょうが当面のあいだ幾許かでも凌げるのであれば
このタイミングで支援資金の消失を防ぎ、支援資金をいくらかでも増やす努力をし
そうした希薄な未来を微力ながら支えて行きたいと、切に思った次第であります。


ただ貴殿がおっしゃるように
『自分は先の事じゃなく、今現在困っている人のために役立てて欲しい』
そう願い、義援金を託された方も多数いらっしゃると思いますし、尤もなご意見だと思います。

この度、自分の勝手で貴殿のお気持ちを裏切ってしまったことを
この場をかりて、謝罪させてください。


自分の軽率な言動で、不愉快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございませんでした。

自分がお預かりしている義援金に関しましては明日にでも
NFK東北震災基金の方に戻し、然るべき遣い道へと導いて頂きますので
同様のお気持ちで義援金を託された皆様にも、併せてお詫び申し上げます。

文字にての謝罪で失礼することを、お許しください。